あなたは今までくせ毛のせいでどんな髪型にしても広がったりぱさついて扱いにくかったり、似合わなかったりしていませんでしたか?

それは実はカットに原因があったのございます。

今回はくせ毛で今までどんなカットをしても、しっくりきていなかった方必見でございます。

くせ毛が劇的に扱いやすくなるシャンデリラ 独自のカット「クープデフィレ」についてご紹介したいと思います。

ヘアスタイルの構成

ヘアスタイルはざっくり言いますと、髪の外側のベース、そしてベースの内側の段により構成されております。

そして髪の毛量の取り方によりヘアスタイルの質感が決まってくるのです。

ブラントカット

世界の約80%の美容師が実施しているカット技法は、かの有名なヴィダルサスーン氏が考案したブラントカットでございます。

 

カットする前に、美容師は頭の中で設計図を描いていきます。

そして、それに沿って髪が濡れているウェット状態で、自分の頭の中に描いた設計図通りにベースカットをしていきます。

 

まず、この時点で自分の思い描いている通りの設計図通りに、ベースカットができる美容師はそれだけでもう上手いです。

 

基本であるこの部分から出来ない美容師が巷に良く溢れております。

その後、髪の毛を乾かした後にセニング[梳きバサミ]で毛量をとっていきます。

このような流れが一般的な美容師のカットの仕方でございます。

 

ブラントカットの弱点

実に幾何学的、建築的で理にかなった素晴らしいカットなのですが、残念ながら髪の毛は建築物ではございません。

 

髪の毛は動くものでございます。

ブラントカットの弱点は、完璧に切れば切るほど動かなくなるのでございます。

逆にいうとそれがメリットでもございます。

 

簡単に言いますと、ズラを被っているのと同じなのでございます。

 

ヘルメットやキノコになる事は朝飯前なのでございます。

ビビットなカット

ブラントカットは、髪の毛の太くて硬いアジア人には似合わせの観点から考えますと、似合っていないように私は感じます。

 

どちらかと言いますと、自己を主張したい人が個性的なヘアスタイルにしたい。

そんな人達が、ブラントカットを好む傾向があるかと存じます。

 

故にナチュラルとは逆のビビットなヘアカットと言えるでしょう。

実にロンドンらしいカットでございます。

 

日本人も例外ではなくアジア人でございます。

他のアジアの国の人々の髪より若干だけ毛が柔らかく、細いのですが、それでも欧州の方に比べますと断然別物でございます。

 

そのような理由からブラントカットはナチュラルを好む日本人には似合わせにくいのでございます。

片桐はいりにしか似合わない

唯一似合うのは かたぎりはいり でございます。

 

かたぎりはいり になりたかったらブラントカットは最高のカットです。

 

全員かたぎりはいりになればいいんです。

 

みんなフィンランドに店出せばいいんです。

 

それ、完全にかもめ食堂じゃねーかっ!!

 

私はかたぎりはいりの髪型至極好きなのでございます。

あのラインからシルエットからスパって切った感等々。実にそそるものがございます。

 

ですが、誠に残念ながら、ブラントカットではくせ毛の似合わせカットは非常に難しいのでございます。

 

なぜ、ブラントカットだとくせ毛のカットは難しい?

どれだけ左右対称に切って量感を均一に梳いたとしてもくせは収まりません。

それ故に生かすこともできません。

 

なぜなら癖や毛流は左右対称ではございません。

頭の形も違います。

またつむじの数や位置も人それぞれだからです。

まさに十人十色です。

 

ブローありきのカット

そして、ブラントカットはブローありきのカットでございます。どれだけ綺麗にブローして完璧な形にもっていくか。それがブラントカットの特徴でございます。

 

普通の方は、ブローなどめんどくさいことはいちいちしてられません。

実験が失敗した博士になる

ブラントカットで、すきバサミで梳かれた髪の毛が、洗いざらしのくせ毛全開のままですと大変な事になります。

 

実験が失敗して爆発した博士のような頭になります。

 

私、そこらへんに関しましては、重々承知しております。

 

なぜなら、私自身もくせ毛ですのでくせ毛さんの気持ちは至極良く分かります。

私も大泉 洋的なくせ毛でございますので、若かりし頃に美容師さんにたくさん梳きまくってもらいました。

ですが仕上がりは、毛先がスカスカになり、髪の毛が絡むわ、ヘアスタイルは変になるわで切ってもらう事によって最悪な事にしかならなかったのでございます。

故に美容室や美容師が嫌いになり友達に切ってもらっていました。

 

どうやってカットすればいいの!?

カットのみでくせ毛の扱いやすいヘアスタイルを作るには、くせに合わせて1束ごとにカットしなければいけません。

髪の毛を切るときに、濡らした状態では癖が見えないので、半乾きもしくは完全ドライの状態で切っていきます。

 

梳きバサミは使わずハサミ一本で長さを切り量をとっていきます。

重いところや毛流れをみて彫刻するようにカットし、ヘアスタイルを構築していきます。

 

シャンデリラ のカット「クープデフィレ」

Coupe[クープ]はカットのフランス語です。

Effiler[エフィレ]は筆先のように細くする、先細りにする。という意味のフランス語です。

 

Coupe d’effilée[クープデフィレ]となります。

 

細かい所を申しますとこれは文法的に間違っているのですが、私の目標がパリコレでございます故にこのように命名致しました。

 

なぜならフランス語でパリコレを[デフィレ]と言うからです。

 

クープデフィレという名には、様々な意味が込められています。

詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

 

この技法を用いてカットすると癖は自然におさまり、かつ動いてきます。

持って生まれた素材を100%生かすことができます。

 

髪は動くもの

髪は普段乾いており、常に動くものでございます。

そのような理由からドライの状態で切る必要があります。

 

濡らした状態で切った髪の毛は乾かすと動かなくなりヘルメットになります。

濡らして動かない状態でかつ、癖を全て無視してヘアスタイルを作っているので当然ですございます。

 

そしていざ髪が動いたときも重たく不自然に動きます。

クープデフィレは、乾いている状態で髪の動きを見ながら、一束ずつカットしていく故に、髪が自然に動いてきます。

 

カットしてもらっている最中はいい感じになってきていても、いざ乾かしてもらうと雰囲気が変わって似合わなかった!

といった経験は誰しもあるのではないでしょうか?

 

どれだけ髪の毛が乱れても美しい。それがクープデフィレでございます。

クープデフィレなら、あなた自身の髪で、あなたに似合うあなただけのオートクチュールなヘアスタイルが手に入ります!!

Before

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢,おいらせ,十和田,青森,八戸,くせ毛,カット,クープデフィレ,

After

 

髪の梳き方

まず、初めに断言しておきますが、髪を梳くことによって扱い易くなる事はございません!

 

梳くという行為は、髪の毛の中に短い毛を作るという事です。

クープデフィレの毛量の取り方は、短い毛の作り方が非常に重要になってきます。

 

最悪な梳き方

1番最悪な毛量の取り方は、ベースカットをした後に、濡れている状態で、すきバサミで梳いていく事です。

それをやってしまうと確実にヘアスタイルは崩壊してしまいます。

 

なぜならウェット状態では、どこに毛が溜まって、どういうふうな毛流れか全くわからないからです。

つまり、ウェット状態で、すきバサミで量をとっている=テキトーに量をとっているという事になります。

 

すきバサミやレザーでは毛量調整は難しい

ドライ状態で、すきバサミを用い毛量を取っていくときも、闇雲に取っていくなんて事は全くもって話になりません。

しかしながら、計算しながら毛量を取っていったとしても、くせ毛を扱いやすくする事は難しいのでございます。

 

なぜなら、すきバサミは残さなければいけない部分の毛も取ってしまうからです。細かいコントロールがしにくいのでございます。

 

レザー[カミソリ]で毛量を取っていく方法もございますが、レザーを用い髪の毛の量をとると、髪は切れ毛がたくさん出て痛みます。

 

なぜならレザーで切ると髪の断面図がものっすごい斜めになるからです。

 

すきバサミで毛量を取ると…

くせ毛の人はより癖がでて、直毛さんはよりピンピン毛が立ってきます。

梳きバサミで均一にすかれた短い毛は癖が強く出て、そして表面の毛を押してもっさりとボリュームが出てくるわけです。

根元のボリュームをとるために梳いたのに、逆にボリュームが出るという矛盾した現象がおきます。

 

なぜなら、

 

髪の毛は短くなればなるほど髪の毛が及ぼす影響は強くなるから

 

です。

 

そして梳かれすぎた毛先はペラペラになり外に跳ねやすくなります。

根元はすきバサミを用いて梳いたがために、逆にボリュームが出て、毛先はスカスカで外に跳ねてしまうと…

 

たこさんウインナーになります。

 

すきバサミ=たこさんウインナー製造機

 

なのでございます。

 

クープデフィレの毛量の取り方

中間の内だけ丁寧に切っていくと上の毛が下の毛に被り、内にまとまりやすくなります。

 

根元からピンピン短い毛が出ることもなければ、毛先がスカスカぺらぺらになる事もありません。

 

毛束毎に細かく切っていくので、内にまとまりやすい束が何通りもでき、そして自然に軽やかにヘアスタイル全体が表情をみせてくれます。

 

これは梳きバサミやレザーでは決してできません。

 

Before

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢市,松園町,美容室,ヘアカット,エフィラージュ,クープデフィレ,アッシュブルー,グレージュ,セクションカラー,ハイライト,レッド,パリジャンアッシュ,ローライト,3dカラー,

After

ロングヘアからショートボブへのスタイルチェンジはこちら

 

Before

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢市,松園町,美容室,ヘアカット,エフィラージュ,クープデフィレ

After

ロングヘアからショートカットへのスタイルチェンジはこちら

 

カットの持ちが良い

どういうカットをしても髪の毛は切った直後から、時間が経つにつれて伸びてきますので、どんどん崩れていきます。

 

しかしクープデフィレで切った髪の毛はゆっくりと崩壊していきます。

ですので2ヶ月3ヶ月経った後もあまり扱いにくくなるということはございません。

 

中には半年間切ってなかったけど良かったわーなんて人もいるくらいです。

ここまで読んで、クープデフィレに興味を持って頂けた方が多いのではないでしょうか?

 

ですが、クープデフィレは魔法のカットのようなものではございません。

 

梳きすぎた髪の毛はどうする事もできない

ヘアスタイルは髪の長さを切り、量をとって構成されています。

引き算しかできません。

 

ですので梳かれすぎて、切れる髪がない状態ではクープデフィレでも治すことは残念ながらできません。

髪が伸びるまで待つしかありません。

 

もしくは、バッサリと切ってもいいのでしたら、一回で治せる可能性もございます。ですが、今までのカットの履歴によります。

 

まとめ

くせ毛は非常にやっかいで扱いにくいとお思いですが、その癖も持って生まれた自分だけの素材です。

素材を殺すのではなく生かしてヘアスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

シャンデリラ のカット[クープデフィレ]はくせ毛を切るのに最も適したカット技法でございます。

あなたもぜひシャンデリラ でカットしてはいかがでしょうか!?

 

ご予約はこちらからお願いします。

ネット予約