Blogブログ

皆さんの役にたつ情報やヘアスタイルの説明などをお伝えしています。

これは可愛い!キュートな髪型のショートボブにする3つのポイント

ショートボブ ピンク

ショートボブにしたけど、なんかしっくりこないなーと思っているそこのあなた!この3つのポイントをふまえて、かつピンクを強めに入れてキュートな感じにしてみるのをオススメします!

基本的にショートボブは段の入れ方やベースの切り方でどんな人にも似合います。

ショートボブのポイント

1.襟足の浮きをおさえる

髪をばっさりと短くしたいけど、襟足が浮いてしまってシルエットがあまりよくなかったり、ださく見えたりしてませんか?

そういう時の解決法は2つあります

  • 襟足の浮くところを刈って上の毛をかぶせる。

刈るといったら抵抗のある方もいると思いますが、ちびまる子ちゃん的な感じで刈った所が丸見えにはならないです。こんな感じですね。

前下がりボブ

刈ったすぐ上の毛を被せて刈り上げたところを隠すのでぱっと見刈っているか分からないです。こうすることで襟足の浮く人でショートにしたい方はほとんどのスタイルができます。

  • 浮かないギリギリの長さを残してやる

ショートボブぐらいの長さでしたら少し長さを残してやってもシルエット的にはさほど問題ではありません。

ショートボブ ピンク

Processed with VSCOcam with f2 preset

今回のこのスタイルは襟足ギリギリ浮かないぐらいの長さ残してます。
ただ生えグセが強い人だとこの方法だと難しい人もいるので癖や髪質次第です。

2.くせを生かす

この方はちょうどいい感じのくせがあったのでくせを生かしてエフィラージュというカット技法で切りました!!
詳しくはこちら

http://fukkiro.com/kusege

こうやって切ることによってパーマをかけなくてもテキトーにワックスつけてスタイリングするだけでこんな感じにふんわりと、そして動きが出てきます。

ちなみにスタイリングしなくてそのまま乾かしただけでもきまります!!!サラッとした感じになります。

  • 段を入れ過ぎない

ショートボブはシルエットが命になってきます。段を入れていくとだんだんとシャープやクール、カッコいい感じの印象になってきます。

そういうスタイルも好きですが、ショートボブで可愛いやキュートな印象に持っていきたいので段は少しだけ入れて前から見た感じ少しひし形になるようにします。
ここで重要な事ですが、骨格のバランスを見ながら段を入れていかなければいけません。

3.骨格のバランスをみる

人それぞれ目や鼻、口など顔のパーツが違いますね。左右対称な人はほとんど存在しません。
顔も丸顔さんや、ホームベース形や、面長さんなどいますね。

そういう人達のコンプレックスを生かすも、殺すのもほとんど髪型とメイクできまってきます。

ショートボブ ピンク

さてこの方は顔の形は卵形です。
卵形さんは基本何でも似合います。

何でも似合う分髪型によって自由自在に印象を変える事ができます。

前髪は少しだけ広めにラウンドしてやります。ぱっつん前髪でも良いですがちょっと可愛くなりすぎるので少しラウンドさせます。

ピンク系カラー

ピンク単品を入れたとしても髪質にもよりますがけっこうな確率でオレンジっぽく発色します。
カラー剤にもよりますが、たいていのピンク系の色は薄い赤紫です。

単品だと色が弱いのでレッドやバイオレットを混ぜ合わせて調合するとだいたいこんな感じに発色してきます。

ピンク単色でカラーするより発色がよくなりますね!!!

ちなみに髪質や髪の明るさにもよりますが、ブリーチしないでもこのぐらいの発色はできます。

ピンクや赤系の髪色は日本人にはあまり似合わない色とされていますが、ブラウンよりのピンクや、バイオレットよりのピンクなど、ピンクの中でも様々なバリエーションがあります。

あなたが元々持っている肌の色や、目の色、髪の毛の中に入っているメラニン色素の量などの全体をパーソナルカラー診断をしてカウンセリングしてやるとどんな人でもヘアカラーを似合わせる事ができます。

まとめ

いかがでしたか?

ショートボブだけでも非常に可愛いですが、この3つのポイントでカットするだけではなく、カラーもピンク系にしてやる事で、よりキュートな感じになるのでオススメです!!!

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか⁉︎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

follow us in feedly