今回はメタリックローズシェリというヘアカラーのスタイルについてご紹介してきたいと思います。

 

メタリックローズシェリとは

このメタリックローズシェリというカラーはどのようなカラーかというと、シャンデリラでオススメしているピンク系のヘアカラーになります。こちらがローズシェリというヘアカラーでちょうどピンクとレッドの間の色味になっています。

 

レッドの発色も生かしつつ、ピンクの淡い柔らかい発色も持ちつつと、2つの発色を合わせ持ったなかなかとローズシェリって感じの色になっております。

 

それに対してメタリックの要素をプラスして作ってるのがメタリックローズシェリという色になっております。

 

最近の世界的なトレンドの流れとしては、メタリックやシルバー系の色がファッションやメイクそしてヘアーにもかなり使われております。

 

そして、そのメタリックな要素も実に多様化しております。その中で、シャンデリラでは単品でも綺麗なローズシェリベースにトレンドのメタリックを合わせてヘアカラーを作ってきました。

 

ピンクのローライトでコントラストをつける

この全体の色に対してローライトといって暗めの色の束を入れていきました。ローライトに使った色は暗めのピンクです。この暗めのピンクを使うことによって、髪の毛全体に様々なコントラストをつけて立体的に見せる効果があります。

そして濃いピンクですのでメタリックローズシェリにも合いますのでナチュラルでかつ洒落た雰囲気を醸し出すことができます。

ビフォー

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢市,松園町,美容室,リラ,ピンクバイオレット,リラボブ,メタリックローズシェリ,フレンチボブ,

アフター

 

 

フレンチボブのヘアカット

ヘアカットについては今回の方はくせ毛さんだったんですが、切るときに1度全体をてきとーに乾かしてそこから癖を見ながら切っていきます。

こうする事によって癖の流れに合わせてオートクチュールに髪の毛を切っていくことができます。

 

そうすると何もスタイリングしなくても綺麗にまとまっていたり、シルエットやボリュームのメリハリが出て、非常に楽で洒落ているという。このようなヘアスタイルを構築することができます。

 

ベース自体は、前下がりボブのベースに、顔周りと前髪にポイントを作って切っていきました。

顔周りのポイントとしては、今回はフレンチテイストを少し織り込んでラフな動きを作ってみました。

 

全体的にフレンチボブっぽい感じにしてみました。

フレンチボブって一体何なのかという話ですが、大体そういうのはニュアンスで。っぽい。という感じで思っていただければ問題ございません。

 

まぁ、要するに、フランスっぽいアンニュイでかつナチュラルでラフでそれでいて洒落ているという。実にいいとこ取りのボブがフレンチボブというやつです。そのような感じにお切りしてみました。

 

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢市,松園町,美容室,リラ,ピンクバイオレット,リラボブ,メタリックローズシェリ,フレンチボブ,

吹越 広彬, Fukikoshi Hiroaki, champs des lilas, シャンデリラ,三沢市,松園町,美容室,リラ,ピンクバイオレット,リラボブ,メタリックローズシェリ,フレンチボブ,

まとめ

最近はシエルブルージュというブルー系のヘアカラーを多く発信しておりました。が、今回はメタリックローズシェリというレッドとピンクのちょうど中間の色に、メタリックの要素を足してなかなか洒落たヘアカラーにしてみました。

 

そして、存在自体がアンニュイな私が構築したヘアカットがフレンチボブでございます。これでラフな洒落感を醸し出していきました。

 

まだまだメタリックやシルバーのトレンドは終わることはありませんのでこのシルバーやメタリックをベースにシャンデリラでも様々なヘアスタイルを発信してきたいと思います。

 

ネット予約