あなたは一度黒染めをして、その後にグラデーションカラーにしましたが、思う通りに染まらなかった事はありませんか?

今回は黒染めしてる髪でも、きれいなグラデーションにできる方法をご紹介したいと思います。

黒染めとは?

黒染めとはその名の通り髪を黒くすることです。

そして黒の色素は色の中で最も強いです。

一度黒染めをした髪の毛は一回のカラーだけでは明るくすることは、ほぼできません。

そのまま一回のカラーだけで染めると、伸びてきた根元の黒染めしてない部分だけ明るくなり、黒染めをした中間、毛先が全く染まらず、[逆プリン]になります!

じゃあどうするの?

ブリーチをするか、脱染剤という色素だけを抜く薬剤を使ってから、色をのせるダブルカラーという行程が、必要になってきます。

ブリーチをしても赤の色素は残る

ブリーチや脱染剤を使って色素を抜いても、必ず赤の色素は残ります。

アッシュやグレーは染める事が難しい

アッシュ系やグレー系などのカラーは赤と色相が正反対です。ですので発色させることが、非常に困難になってきます。

ちなみに赤を消すには緑を入れていくのですが、カラーの色相では捕食同士を相殺させると、ニュートラルブラウンになります。

ただのブラウンだと比較的簡単ですが、アッシュやグレーとなってくると濃いめに緑を入れていかなければなりません。

一歩配合を間違えると[もずく]みたいな緑ヘアーになります。

ちなみに、ご自分で黒染めをしてる場合は、非常にムラに染まっていますので、均等にブリーチしたとしても、ムラが出てくるので、そこから色をのせたら、相当なムラになってきます。

もちろんできないことはないですが、けっこうなリスクと、髪には相当な負担がかかってきます。

逆に赤の色素を生かす!

アッシュなどは難しいですが、逆に赤やピンク、バイオレット系は非常に綺麗に発色してきます。

黒染めからのピンクグラデーションカラー

黒染めからのピンクグラデーションカラー

 持ちが非常にいい!

色が落ちてきたとしても、黒染めの赤の色素は残ってるのであまり色落ちを感じることはないです。

逆にずっと赤やピンク系のカラーでいきたい人は、一度わざと黒染めしてからブリーチしてピンク系をのせる!ってのもありですね(結構な荒技ですが)

まとめ

黒染めをしている状態からきれいなグラデーションにするには、なかなか難しく、それ相応のリスクやダメージが伴ってきます。

ピンク系や赤系の色にすると、リスクもそんなに無く、かつブリーチも一回でいけるので、ダメージも、それほどかかりません。そして非常にきれいに発色してきます。

ぜひあなたもグラデーションの色に迷っていたら、ピンク系を入れてみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

ご予約はこちらからお願いします。

ネット予約