あなたは、毎回白髪染めをして、

頭皮が最近薄くなってきたなと感じたり

毛先のダメージが半端ないなと思ったりして

困っていたりしていないんですか?

 

今回は髪と頭皮が傷む理由と、

そんなお困りのあなたに一番おすすめな

ヘアカラーをご紹介したいと思います。

 

まず、はじめに髪と頭皮が傷む理由を潰していきましょう。

 

 

市販や通販のカラー剤は論外!!

市販のカラー剤や通販のカラー剤やカラーシャンプーを使って

髪と頭皮が綺麗になることはありません!!

 

市販の白髪染めをして、

髪の毛がフサフサで、

そして、綺麗なツヤ髪の人なんて存在しません。

 

通販系は使わない方がいい

最近はやりの

通販でのカラー剤や、カラーシャンプーなども、

僕は一切おすすめしていません。

 

市販のカラーシャンプーや

通販のカラーシャンプーで髪を染めた後に

美容室でカラーをしたとしても、

絶対綺麗に染まりません。

 

美容室のカラー剤と、

通販や市販のカラー剤の金属製の成分たちが、

化学反応を起こして、まったく染まらなかったり

あるいはめっちゃ緑になったり、

もしくは熱を発生させて、

頭皮や髪にダメージを与えたりと。

 

ですので、

通販系の広告で流れてくるような

怪しい商材は絶対使わないことをオススメしています。

 

 

アルカリカラー剤も傷む

通常の美容室のカラー剤は

ほぼほぼ、アルカリカラー剤です。

 

このアルカリカラー剤は

アルカリで髪のキューティクル(外側の壁)を

開いた後に、染料を髪に入れて発色させます。

 

このとき、アルカリ剤で髪と頭皮が

ダメージしたりします。

 

アルカリカラー剤の特徴としては、

ヘアカラーの持ちが良いと言うことですが、

(オイルカラーも持ちが良いです。)

 

一度アルカリに触れるので

アルカリカラーをした後に、アルカリ除去をしないと

残留アルカリによって髪の毛がダメージしたりします。

 

 

残留アルカリとは

髪の毛に残った流しきれなかったアルカリたちの事です。

このアルカリが髪の内部からじわじわと髪を痛めてしまいます。

ですので、徹底的なアルカリ除去が必要になってきます。

 

例えば、ご自分で

Amazonや楽天などで、美容室専用のヘアカラー剤を買って

自分で染めているという方もいますが、

 

基本的に美容室のヘアカラー剤だろうと、市販のカラー剤だろうと

カラーを流した後の残留アルカリ処理っていうのが、

最も大事に乗ってきます。

 

それができていないと、例え美容室専用のカラー剤だろうが、髪の毛は

大幅に痛んでしまいます。

 

まあぶっちゃけ、ご自宅で残留アルカリ除去なんて

難しいと思います。

 

むしろ美容室でも、ちゃんとアルカリ除去をしている美容室というのは、

なかなかと少なかったりします。

 

 

美容室に毎月行っているのに、

髪と頭皮がダメージしている場合は、

このアルカリが悪さしてます。

 

 

さてここからどうすれば

私の髪と頭皮は傷まずに

カラーをする事ができるのか!?

について解説していきます。

 

 

オイルカラーで染める

オイルカラーは

成分の60%がオイルでできている

新しいヘアカラー剤のことです。

 

普通のヘアカラーは、アルカリカラーと言って

アルカリが大量に入っているのですが、

 

オイルカラーには、

アルカリ剤がごく微量しか入っていません。

 

なぜなら、

オイルの浸透圧で、髪の毛を染めていくからです。

 

 

浸透圧とは

水と油は反発する。

という性質を利用して染めていきます。

 

髪の毛の中は親水性といって、

水が含まれているので

髪の表面にオイルをつけることによって、

オイルの浸透圧で髪の毛が染まる。

 

という。

 

世界唯一のオイルの浸透圧で

染めるヘアカラー剤です。

 

 

オイルだからツヤが出る

このオイルカラー剤単品でも、

主成分がオイルですので

めちゃめちゃツヤが出ます。

 

それだけで髪の毛が綺麗に見えますよね。

そして、アルカリを使わないので、フルカラーをしたのに

ダメージを一切感じさせません。

 

 

シャンデリラの残留アルカリ除去

シャンデリラでは、この残留アルカリを徹底的に除去しています。

 

シャンデリラではちゃんとアルカリを除去するという前に、

まずアルカリが多く含まれた

アルカリカラーを使っていません。

 

アルカリが本当にごく微量しか入っていない

オイルカラーを使っているので、

そもそも残留するアルカリがありません。

 

その点を踏まえた上で、

シャンデリラではさらに駄目押しの

残留アルカリ除去を行っています。

 

 

3段階調節可能な炭酸泉。

シャンデリラの炭酸泉は、

3段階の調節可能な炭酸泉です。

 

炭酸濃度を調節できるので、

pH6

pH5.5

pH5.35

で、徐々に髪の毛を

等電帯に戻していきます。

 

カラーをした後にいきなり

PHの低い調節できない炭酸泉で流してしまうと

髪が収斂(引き締まる)しすぎて

ダメージの原因になったりします。

 

ですので、徐々にゆっくりとPHを下げていくことが重要です。

 

 

トリートメントをつける

炭酸泉で流し終わった後は、

pH4.5のトリートメントをつけていきます。

 

このトリートメントは非常に優秀で、

髪の毛の99%に作用してくれる。

バッファー効果が凄いんです!!

 

 

バッファー剤とは

髪の毛を等電帯の

弱酸性に戻してくれる薬剤のことです。

 

等電帯とは

髪の毛が最も落ち着く、

PH4.5〜5.5の弱酸性の領域のことです。

 

このPH4.5〜5.5を外れてしまうと、

髪の毛のキューティクルが開いて

髪の中の成分が外に出ていっちゃったり、

ダメージの原因だったりします。

 

バッファー剤を使って、

pH4.5から5.5の間に

戻してあげるということが非常に重要になってきます。

 

ですが、

通常のバッファー剤の場合は、

髪の毛の約10%にしか作用していないので、

バッファー剤の意味が全くありません。

 

シャンデリラの

この最後につけるトリートメントは、

髪の毛の99%に作用してくれる

業界唯一の最強のバッファー剤です。

 

しかも、トリートメント効果も

非常に優秀なレブリン酸(これ単体で髪質改善にも使われている酸)

というものを使っているので、

トリートメントも持ちも半端ない

非常に良いトリートメントです。

 

このレブリン酸については

また、別の記事でご紹介したいと思います。

 

 

ヘアエステと組み合わせる

シャンデリラのオイルカラーと

ヘアエステとの組み合わせで、

あなたは来店した時以上に

髪の毛が綺麗になります。

 

初めにヘアエステをしてから、

オイルカラーをして、そして最後に先ほど言った、

最強のトリートメントをつけて、終了という流れになります。

 

このヘアエステとオイルカラーの組み合わせは、最高で

オイルカラーによるツヤツヤな質感と

ヘアエステによる髪の中にたくさんの栄養成分を補給してやって、

髪の毛にハリコシハリやコシが出てきます。

 

髪がツヤツヤに見えて、ハリコシが出て、

そしてカラーも綺麗に染まると。

いいことしかありません。

 

頭皮にダメージがかからない

オイルカラーはアンモニアが

一切入っていないので、

普通のカラーをして頭皮がしみるという方もオイルカラーを使うと、

全くしみなかったりします。

 

それだけ頭皮に優しいということです。

白髪染めを月に2回している場合は、

それが何十年も続くと考えてみてください。

 

アルカリカラーで頭皮を傷めながら、

10年間カラーし続けるのと

 

オイルカラーで

頭皮にダメージを与えないで

10年間カラーし続けるのとでは

どちらの方が将来、頭皮が薄くなると思いますか!?

 

断然アルカリカラーで染め続けた方が

頭皮にダメージを与えて、頭皮が薄くなります。

 

今からでもヘアカラーするとしたら、

オイルカラーで染める事を強くオススメします!!

 

 

髪と頭皮に投資をする

頭皮も髪も綺麗な方は、

それだけ努力していたり、

髪や頭皮に、投資をしています。

 

普通に過ごしていて、

自分で市販の白髪染めを使って染めていたりしている人は、

どうやっても頭皮と髪は綺麗になりません。

 

毎月美容室に行っているのに

一向に頭皮と髪が綺麗にならない場合は、

髪と頭皮を本気で綺麗にしてくれる美容室に

行くことをオススメしています。

 

シャンデリラもそうですが、

髪と頭皮を本気で綺麗にする事に

特化している美容室は非常に少ないです。

 

 

そして、お値段もそれなりにします。

 

なぜか。

 

 

それは、それだけ良質な商材や機材、

勉強や実践に多額の投資や、時間を投資しているからです。

 

 

残念ながら、安売りチェーン店では

髪と頭皮は綺麗にならないです。

 

お金をかけて、髪と頭皮を綺麗にするために

投資をするということは、

リターンが非常にでかいです。

 

そして、近道ができます。

 

投資をして、無駄な時間や労力を

ショートカットできます。

これが投資をする最大の理由です。

 

 

まとめ

髪と頭皮をダメージさせない最高のオイルカラーとは!?

ということで、

 

頭皮と髪をダメージさせない為には、

  • オイルカラーで染めよう!
  • 残留アルカリを徹底除去!!
  • アルカリカラー剤は使わない
  • 市販や通販のカラー剤は使わない
  • 自分で染めない
  • ヘアエステをして髪に栄養を入れよう!!

 

という事でした。

 

 

あなたも、

オイルカラーとヘアエステをして

いつまでも健康的でフサフサの頭皮と、

綺麗なツヤ髪を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ご予約はこちらから

ライン登録してプレゼントを受け取った後にご予約頂けます。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP