1月5日で、4周年を迎えました。

これもいつも通っていただいている

皆さんのおかげです。

 

本当にありがとうございます。

 

僕は毎年、目標を掲げているのですが

5年目のシャンデリラの目標は、

「どんな人でも髪の毛を綺麗にしてやろう」です。

 

シャンデリラでは

髪質改善に特に力を入れていて

髪質改善のためのヘアエステや

様々なメニューを

フルコースで提供しています。

 

その中で、

シャンデリラはどんな人でも

髪の毛を綺麗にできるように

縮毛矯正を極めてやろうと

思っています。

 

髪質改善美容室として一番嬉しいことが、お客さんが心の底から喜んでくれる事です。

 

以前のデザインメインでやっていたときは、喜んでくれはするんですが、

今ほどではありませんでした。

 

今はわざわざLINEで感謝のメッセージをいただいたり、

直接ありがたい言葉を

かけていただいたりしています。

 

それが僕の原動力になって、

シャンデリラの原動力になっています。

 

シャンデリラは

2021年度はめちゃめちゃ仕組みを変えまくりました。

もちろんそれで離れていった人がたくさんいます。

 

ですが逆に新しくご来店された方もたくさんいます。

 

僕は経営者として、いろんなことを学びました。

 

一番はイチ美容師として

価値を提供するということです。

 

僕も今まではずっと、

売れる美容師は

デザインに特化した美容師だって

思っていました。

 

自分にしかできないカットカラーパーマ

それらを組み合わせて、ハイクオリティのヘアデザインを作り込んでいく。

 

それが、めちゃめちゃ売れている美容師のあり方だって。

本当に思っていました。

 

ですがそれは

ただの美容師の

エゴであり、幻想でした。

 

ヘアスタイルをデザインしていけば、デザインするほど

どんどん奇抜になっていきます。

 

ですが、奇抜なヘアスタイルを

希望される方は、めちゃめちゃ少ないです。

 

逆にどういうへアスタイルが

一番求められているかということについて

僕は考えました。

 

その答えは、

今シャンデリラが特化しているように、

綺麗なツヤ髪になりたい。

という人の方が圧倒的大多数だったってことです。

 

僕はこれに気づくのに、

14年ほどかかりました。

 

本当に馬鹿ですよね。

 

確かに僕は

美容師のスタートはパリで

パリコレのヘアメイクアーティストになりたくて、

パリに行って、いろいろなアートや、デザインを見て、

ヘアメイクで、そのアートを表現してみたり

どちらかというと、接客というよりかは、アーティスト業という考えでやっていました。

 

ですが日本に帰国後は、そんなアーティストのエゴみたいなものなんて

全く必要とされませんでした。

むしろ不快に思われるだけです。

 

美容師のエゴの押し付けですよね。

お客さんがそれを求めていなかったら、

それはクレームに繋がります。

 

パリから帰ってきて、

東京でしばらく美容師していて、

段々と自分の個性の出し方を

その人のナチュラルなヘアスタイルの中に落とし込んでいこうと。

いろいろな試行錯誤をしてやってきました。

 

東京ではギリギリそれでよかったかもしれません。

 

東京以外の青森のような地方都市の場合は、

それすらも必要とされません。

 

デザインを広めようとしても、

広まりませんでした。

 

これは僕がシャンデリラを開業してから、

感じていた葛藤です。

 

要するに僕は、

アーティストとして、

やっていきたかったってわけです。

 

ですが、アーティストとしてやっていくには、

パリ、東京、ロンドンやニューヨークのような大都市でないと無理です。

 

そしてその中でも、

アーティストとしてやっていくには、

熾烈な戦いを勝ち抜いていかなければいけません。

 

熾烈な戦いとは、毎日365日、24時間ひたすら美容に対して、常に向き合っていなければいけません。

 

僕にはそんなことは到底できません。

 

ヘアメイクや美容師になりたては、

練習してたら、気がついたら朝になっていたなんてことはよくありました。

てかほぼ毎日でした。

 

ですが、今となっては、

そんなことなんて絶対できません。

 

そもそも僕は、

働くということに対して、

好きではありません。

むしろ大嫌いの方です。

 

働くことが

死ぬほど嫌いなのに、死ぬほど働かなければいけない、美容師という世界に入ってきて働いているというのは、なかなか面白いですよね。

 

本当に

何千回、何万回、何十万回と、

美容師やめようと思い続けてきました。

 

ですが、一瞬たりともやめることはなく

今まで14年間も続けて来られました。

 

やっぱり僕の師匠である

ジャンフランソワとの約束が

頭から離れなかったりしています。

 

「また会おうなヒロ。

美容師として、

また会おう。」

 

たったそれだけの約束のために、

僕は美容師を続けているのかもしれません。

 

支持してくれているお客さんがいるというのも理由にあります。

ですが僕は、心の底では、

多分ジャンフランソワとの

約束を守りたいだけなのかもと思っています。

 

 

思い出を美化してんじゃねーよ!!

 

 

って感じですよね。

 

 

それだけ僕にはジャンフランソワとの出会いは、衝撃的だったって事です。

だって、美容師やるつもりなんて1㎜もなかったのに、美容師という世界に引きずり込んだ張本人ですからね。笑。

 

 

どれだけ頑張っても、

どれだけ努力しても、

結果が出なかったら

全く報われません。

 

それはもちろん、どの仕事も、そうです。

むしろ、人生において、生きることにおいて、

過程なんて結構な勢いでどうでもいいです。

 

ストーリーとして感動するかもしれません。

それでファンになってくれるかもしれません。

 

ですが肝心の結果が伴っていないと

それすら無駄です。

 

僕はシャンデリラを開業してから、

その3年間、ひたすらそれを思いました。

 

 

たくさんの後悔もしました。

なぜ、青森県三沢市に店を出してしまったんだろう。

なぜこの単価でやってしまったんだろう。

なぜ俺は美容師を続けているんだろう。

 

後悔ばかりでした・・・。

 

何のために・・・。

 

 

自分のためというのであれば、もうとっくに僕は美容師をやめていました。

 

誰かのため、それしかありません。

 

人のため。

 

誰かのために美容師をしている。

 

そこにしか自分の存在意義を見出すことができませんでした。

 

 

だから僕はひたすら考えました。

人々が一番求めていることは何なんだろうって。

 

たくさんの勉強をしました。

フランス語を勉強したばりに勉強しました。(笑)

 

 

そしてたどり着いたのが、

髪質改善に特化した美容室をやろう。

ということです。

 

今の時代は、髪質改善が

非常に流行っています。

 

様々なメーカーから、

髪質改善のトリートメントが出ています。

 

もちろん効果のあるものもあれば、効果のないものもあります。

髪質改善自体が、詐欺だって思っている人も

沢山います。

 

そういうのをいろいろ

勉強したり、検証したりして、

僕なりの髪質改善の模索をしていた年でした。

 

そして、完成しました。

 

今までのお客さんの反応が

劇的に変わりました。

皆さんとっても感動されて帰るんです。

 

これは本当に

今までなかったことでした。

 

だから僕は自信を持って

髪質改善美容室として

やっていこう。

 

髪の毛を綺麗にすることに

めちゃめちゃ特化した美容室を

作り込んでいこうと。

心に思いました。

 

ですが、

髪を綺麗にするには、

いくら美容室側が頑張ったとしても

無理なんです。

 

お客さん側である

あなたが毎日頑張らなければ、髪は綺麗になりません。

 

要するに、二人三脚ってことです。

 

美容室側は、

本当に髪が綺麗になる

髪質改善メニューの構築。

 

そしてお客さん側は

髪の毛を綺麗にするための日々のケア。

 

この二つが

なされていないと

髪が綺麗になりません。

 

だから、

美容師に丸投げしたとしても

無理ってことなんです。

 

まずそのマインドを変えなければいけない。というところからスタートしました。

 

 

ぶっちゃけシャンデリラには

僕の言うことを聞いてくれない人は来なくていいって思っています。

 

僕の言うことを一切聞かない、わがままな人は、

まず、来店できない。

そういう仕組みを作りました。

 

それはお前、調子に乗りすぎだろう

っていう批判もあるかもしれません。

実際あります。

 

 

ですが僕も人間です。

お客様は神様ですというゴミ精神は持ち合わせていないんです。

 

 

本当に髪の毛を綺麗にしたい人。

自分の癖や髪質に本当に悩んでいる人が

ご来店してほしいって僕は思っています。

 

別に、とりあえず金払って

適当にぶん投げとけば、

何かうまいことやってくれるでしょう。お前は黙って私の言うこと聞いてその通りのヘアスタイル作っとけよ。とか。

 

そんな感じで来られても、

結局髪の毛綺麗にならないじゃん。詐欺じゃん。お前下手じゃん。とか。

 

そういうふうに言われたくないので、

髪の毛を綺麗にするために、やはりそれなりの

投資と努力ができる方だけご来店いただきたいんです。

 

あと単純に僕がムカつくんで。笑

 

だって僕は今のところ1人ですからね。

僕の担当できる顧客数は有限です。

そして、安売り美容室のように数をこなすというふうに営業していません。

1日の枠が3枠のみと固定されています。

 

そして僕は、働きたくない人間です。笑

 

これらのことから、

本当に髪の毛が綺麗になりたくて、

今の髪質や、髪のダメージに困っている方だけ

ご来店していただきたい。

 

そして、僕は無理しないで働ける

ギリギリの枠でしか僕自体が働きたくない。

 

そういうふうに考えてのこのような仕組み作りです。

 

 

ふざけてるのかという声も聞こえてきそうです。

 

ですが僕は一切ふざけていません。

 

 

僕の人生のモットーは

最小限の労力で、最大限の成果を!!」です。

 

 

これもしかたしたら結構有名なんで知っているかもしれませんが、

ナポレオンは、軍人を4種類に分けました。

1.有能な怠け者。

2.有能な働き者。

3.無能な怠け者。

4.無能な働き者。

 

そして、4番目の

無能な働き者は、即刻処刑されてました。

 

そして一番重宝されるのは

「有能な怠け者」です。

 

そういう事から、どれだけやる気があったとしても

空回りで能力がないと、何の意味もないし、むしろ周りに害を及ぼすって事です。

 

逆に死ぬほど働きたくない怠け者が、働かなければいけなくなったときにする事は、

超効率よく「最小限の労力で最大限の成果を上げる」ことにめっちゃ頭を使うって事です。

 

ということで、僕は働きたくないので、どれだけ自分が働かないで、かつ最大限の成果を上げるにはどうしたらいいか考えて、システムを作って、実行したって訳です。

 

今のところ従業員はまだいなく

僕1人でしかありませんが、

僕1人が、体調不良や精神病(うつとか)など、

あとは今だとコロナやケガもありますし、

 

そういうのを負ってしまうと、

一瞬でシャンデリラは破綻してしまいます。

 

ですので僕自身の

肉体的、精神的な管理能力も必要になってきます。

 

無理やり予約を詰めたり、

担当したくもないお客さんを

担当するようになったら、

僕自身ストレス溜まりますし、

本当に困っていて、どうにかして欲しいというお客さんが入れなくなってしまいます。

 

本当に困っている人の髪を綺麗にした方が

僕の精神衛生上、非常に良かったりするし、

お客さんとしても悩みが解決されてハッピーだったりします。

 

そういうこともあって、

シャンデリラでは今までにないぐらいの

お客さんの入れ替えが起こっています。

 

 

これは僕は本当に賭けでした。

 

 

もうこれで駄目なら

美容師やめよって。

本当にそう思って望みました。

 

 

ですが、今までにないぐらい

大繁盛です。

 

どうやら賭けには勝ったようですね。(まぁ、まだ分かりませんが・・・。それが分かるのが今年って事ですね。)

 

 

ということで僕は、

まだまだ美容師を続けられているわけです。

 

一体いつ美容師をやめられるんだろうか。

 

そんな屁理屈こねながら、どうせずっと

美容師やってるんだろうって思いながらの、

4周年迎えましたね。

 

 

ということで、

5年目のシャンデリラもどうぞ

よろしくお願い致します!!

 

 

性格はてきとー。超絶働きたくない怠け者。

 

 

えっ、マジで大丈夫こいつ!!・・・。

 

 

・・・。

 

 

 

ですが、そんな僕だからこそできる髪質改善に特化した美容室です。

最小限の労力で最大限の成果を得るように設計された髪質改善のシステムです。

 

 

結構自信作なんでどうぞ5年目のシャンデリラで、大いに髪綺麗になって、そしてバンバンご紹介よろしくお願いします(ちなみにご紹介特典は結構豪華です。詳細はライン登録後に記載されています。)

 

5年目の勝手にテーマソング的な。ドラクエ的な。冒険な感じで。

ご予約はこちらから

ライン登録してプレゼントを受け取った後にご予約頂けます。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP