Warning: htmlspecialchars() expects parameter 1 to be string, array given in /home/xtwo474529/champs-des-lilas.jp/public_html/wp-content/themes/beauty_tcd054/inc/seo.php on line 152
Blogブログ

皆さんの役にたつ情報やヘアスタイルの説明などをお伝えしています。

これは必見!!最新ショートヘアはローズピンクで!!

ローズピンク

ショートヘアとローズピンクの組み合わせは非常に洒落ていて、そしておススメです!!

今回は最新のショートヘアについてご紹介したいとおもます。

ショートヘア

一度はあなたもしてみたことがあるのではないでしょうか?

ずっとショートにし続けている人もいれば、初めてショートにする人も、昔はショートだったけど、何十年もショートにしてない人もいるかと思います。

 

ショートヘアはカットで全てきまる

ショートヘアに関しましては、カットで全てがきまります。

あなたはショートにしたけど、なんかいまいちあかぬけなかったり、パッとしなかったりしませんでしたか?

 

カットをしっかりしてやることで後頭部のボリュームや、横のすっきり感、そしてトップのふんわり感などさまざまなことが可能になってきます。

 

カットはショートが一番難しい、そして一番奥が深く面白い

カットは短くなればなるほど難しくなってきます。

そしてごまかしがきかなくなります。

 

ぶっちゃけると、ロングヘアになればなるほどごまかしてもそんなにわかりません。

ちなみに僕はどんなヘアスタイルでもごまかしたりすることは嫌いなのでしっかり切ります。

 

くせっ毛さんや直毛さんでもシルエットを綺麗にそして髪が動いて何もスタイリング剤をつけなくても、乾かしただけで キマるようにするには、実に難しく奥が深くそして、めちゃくちゃ面白いです。

 

ローズピンクとは

ローズピンクとは淡いバラ色のピンクのことです。

こんな感じですね

ローズピンク

ローズピンク

ローズピンク

ローズピンク

 

 

 

 

 

 

 

一度全体をブリーチしないといけないのですが、ブリーチをすることにより、透明感が出て、淡く綺麗なピンクにすることができます。

 

ポイントカラーを入れる

ローズピンク

ローズピンク

実はこのヘアスタイル、顔周りにセクションでグレーのポイントカラーを入れています。

こうすることで、耳にかけたときにグレーがちらりと見え非常に洒落た感じになります。

そして、前髪や顔周りにも入っているので、メリハリがついて、小顔効果も得られます。

ローズピンク

ローズピンク

 

ショートにブリーチをしてもあまりダメージが気にならない

ブリーチをすると髪が痛みます。

ロングになればなるほどダメージは蓄積していくので気にはなっていくのですが、しかしショートヘアの場合は傷んだら切ればいいのであまりダメージは気にならなくなります。

 

ショートヘアこそブリーチをしてデザインカラーで遊ぶべし

ショートヘアはカットでフォルムを綺麗に創りそして、カラーでデザインすることによって様々なショートのヘアスタイルを創ることが可能です。

 

一度ブリーチしたら次は細かくハイライトを入れてみる

ブリーチをすると2ヶ月ぐらいたってくると根元が伸びてきますよね。そんな黒く伸びてきた根元はけっこう気になるものです。

こんなとき全部ブリーチするのもいいのですが、根元から細かくブリーチでハイライトを入れてみることをおススメします。

こうすることによって髪の毛自体が非常に立体的に見え根元の黒が目立ちにくくなります。

 

ブリーチをしたところとしてないところは発色が違う

 根元の伸びてきたブリーチをしていない部分と、ブリーチをした部分とカラーを塗った場合、根本的に発色が全然違ってきます。

詳しくはこちら

ブリーチをする事による5つのメリットと3つのデメリット

そんな時こそブリーチハイライト非常におススメです!!

 

まとめ

いかがでしたか!?最新ショートヘアについての記事でしたが、ポイントはやはりブリーチをすることですね。

全頭ブリーチに抵抗がある方は、全頭細かくハイライトを入れるか、もしくはバレイヤージュがおススメです。

バレイヤージュについてはこちら

 

そのあとに淡いローズピンクをのせてやると最新ショートヘアの完成でございます!!

けっこうカラーやブリーチを繰り返してもショートですので、傷んだら切ればいいのでダメージに関してはそんなに問題にはならないです。

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

follow us in feedly