Warning: htmlspecialchars() expects parameter 1 to be string, array given in /home/xtwo474529/champs-des-lilas.jp/public_html/wp-content/themes/beauty_tcd054/inc/seo.php on line 152
Blogブログ

皆さんの役にたつ情報やヘアスタイルの説明などをお伝えしています。

カラーをして頭皮が痒くなった時の解決法4選!

ヘアカラーで痒くなった時の解決法

あなたはヘアカラーをした時頭皮が痒くなったことありませんか?

それはなぜなのか、そしてその解決法を今回はご紹介したいと思います。

頭皮が痒くなる原因

 

頭皮が痒くなる原因は2種類あります。

1.アレルギー性皮膚炎による痒み

 

ほとんどのカラー剤に含まれているジアミンという成分が頭皮が荒れる原因を引き起こしています。
このジアミンというものは塗った直後に染みるのではなく、だいたい翌日や数時間後に髪が発症する場合が多いです。
このジアミンによって引き起こされるアレルギー性の皮膚炎の場合は、ヘアカラーをしてから6時間から12時間後ぐらいに症状が出始めます。
そして48時間後に最もひどい状態とになります。
特にこのジアミンによるアレルギー性皮膚炎の場合は、本当に重症になるとヘアカラー中やヘアカラーした後に全身に蕁麻疹呼吸困難など重い症状が出たりすることもあります。

 

これは一度頭皮がかぶれたり、頭皮が数日かゆかったりカラーをしてから数日頭が痛かったりしたことがあるとした人はまたカラーをするとなる確率が非常に高いです。
ちなみにサロンを替えたとしてもほとんどのメーカーに使われているカラー剤にはジアミンが入っているのでもう普通のカラーはしない方がいいと思います。

 

このアレルギー性皮膚炎に関しての解決方法に関してはまた後日、詳しく記事を書きたいと思います。

 

2.接触性皮膚炎による痒み

 

この接触性皮膚炎による痒みはヘアカラー剤の中に含まれているアルカリや過酸化水素水(オキシ)

 

薬剤の刺激によって生じる痒みです。

 

この接触性皮膚炎による痒みはカラーを塗った直後からすぐ症状が出ます。人によっては塗った直後からヒリヒリしたり痒くなったりする人もいます。
この接触性皮膚炎は例えばブリーチやより明るいカラー剤を使った時に起きやすいです。
カラー剤のパワーが上がればなるほど過酸化水素水やアルカリ剤なども強くなるのでその分刺激が強くなります。

 

解決方法は

 

接触性皮膚炎に関しては解決方法があります。

 

頭皮が痒くなりやすい人の解決方法は

 

1.炭酸クレンジングをする

 

この炭酸クレンジングは炭酸シャンプーというものもあれば炭酸クレンジングというものもあります。

 

カラー剤やパーマの薬などはほとんどがアルカリ性です。そのアルカリが頭皮のかゆみの原因の起こしています。
基本的に炭酸は酸性です。

 

ですので炭酸シャンプーや炭酸クレンジングをしてやることで頭皮に残っている残留アルカリを消し去ることができます。
また、アルカリが頭皮や髪に残ってるとせっかく入れたカラーがすぐ落ちたり、ダメージの原因になったりするので炭酸シャンプーや炭酸クレンジング、また炭酸泉はカラーやパーマするなら一緒にやったほうがいいと思います。

 

2.カラー剤を頭皮につけない

 

そもそもカラー剤のせいで頭皮が痒くなるので基本的にカラー剤を頭皮に付けなければ痒くはなくなりません。
頭皮につけないようにカラーをしてやると色が染まるかといったら普通に染まります。ただ白髪染めに関しては頭皮にベタ塗りしないと白髪は染まらないのでこの方法は普通のファションカラーのみになります。

3.カラーをする前日はシャンプーしない

 

あまり皆さん知らないかもしれませんがカラーのしみやすい人や痒くなりやすい人はカラーをする前日はシャンプーをしない方がいいです。これだけで今回は痒くならなかったという人もいます。
なぜなら、頭皮の脂が頭皮を保護してくれカラーによる刺激を抑えてくれる効果があります。

 

ですのでできる限りカラーをする前日はシャンプーをしないようにしましょう。

 

4.ガムシロ入れる

 

この方法は美容師の中でも知ってる人はあまりいないかもしれませんが、しみやすかったり痒くなりやすい人はガムシロップを入れるとなぜかしみなかったり、かゆくなくなったりします。
これはガムシロップに含まれている糖分が頭皮を保護してくれていると考えられますがぶっちゃけ僕も詳しくはわかりません。ただ結果としてはガムシロップをカラー剤に入れると痒くなくなります。

まとめ

 

アレルギー性皮膚炎に関しては、一度起こったらジアミンの入ってる普通のアルカリカラーはしてはいけません。また、このことに関しては違う記事で詳しく解説していきたいと思います。
接触性皮膚炎に関しては大抵は炭酸泉や炭酸クレンジング、炭酸シャンプーなど一緒にしてあると痒みはなくなると思います。

また、できる限り頭皮につけないでカラーをするということも大事ですね。
前日にシャンプーをしなかったりガムシロップをカラー剤に入れたりすることで、それだけでも頭皮が痒くなくなったりできます。

 

ぜひあなたの専属の美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

follow us in feedly