今回は全く美容に関係ない記事ですが私のここ1ヶ月間の日記的な粗末なモノを書き記してみました。興味のない方は完全に時間の無駄なんで暇な人だけ見てください。

 

15日間断食していた

私は最近15日間ぐらい断食をしていました。

 

ちょ、

 

おまえ….

 

えっ!?

 

何やっとんじゃっ!!!

 

なんで断食してるのっていう話ですが、これは休みの前日の夜でございます。飲み過ぎて案の定次の日は完全な二日酔いでございます。

そして二日酔いで至極気持ちが悪い故にその日1日何も食さずに過ごしました。

更に二日目もまだ体が重かったので何も食しませんでした。

 

どんだけおまえ飲んだんだっ!!

 

そうこうしているうちに三日目になった時にもしやこれは断食になるのではないかと思い断食について書物を読み漁って観た次第でございます。そうしましたら断食は至極素晴らしいことだという事を私は初めて知り断食の世界にのめり込んでいった次第でございます。

 

朝、至極苦しんで走っていた

断食生活4日目5日目ぐらいになると相当厳しくなります。朝目覚めたら凄まじい頭痛に体の怠さ、足の痺れ等々。何もしたくない状況に陥りました。

 

これは「アシドーシス」という断食をしていると必ず通る道でございます。

詳しい事は割愛させていただきます。グーグル先生に託しました。

 

その時に私はこれではダメだと思い身体を奮い立たせ朝5キロほど走り込んでいました。

この状態で走るという事を皆さんした事あるでしょうか?

 

絶対したくないっ!!

 

それはまるで友であるセリヌンティウスの為に殺される為にひたすら走り続けるメロスのようでございました。

 

「私は走らなければならぬ。殺される為に走るのだ。」

 

ちょっと待てーっ!!

 

どこにお前を殺す奴がいるんだっ!!

 

幻覚見てんじゃねーか!!

 

「幾度か、立ち止まりそうになった。」

 

いや、もう完全に立ち止まるどころか天を仰いでいたぞ。

 

「えい、えいと大声挙げて自身を叱りながら走った。」

 

それは、やってたな。

 

「風態なんかは、どうでもいい。ヒロスは、いまは、ほとんど全裸体であった。

呼吸も出来ず、二度、三度、口から血が吹き出た。」

 

それ完全に変質者じゃねーかっ!!完全に捕まるぞ!ヒロスって誰や、お前血吹き出てねーだろっ!!死ぬじゃねーか!!

 

朝5時の三沢市で私はセリヌンティウスを救う為に走っていた訳でございます。

 

断食ルール完全無視

断食開始から一週間程経ってくると段々と空腹にも慣れてくる訳でございます。もう本当に何も食べなくても俄然余裕になってきました。

体重も凄まじい勢いで落ちていき、このまま過ごしていくともう食物を摂取しなくても生きていけるというれべるまでいけると存じておりました。

 

私は断食について書物を読み漁っていたのですが、断食を個人でやるとすると長期間の断食は至極危険との事でした。長期間胃腸を使わない生活をした状態で、いきなり固形物等を食べると胃腸がびっくりして腸捻転、腸閉塞等を起こし、最悪死ぬこともあるという風に書物に記していたのでございます。

 

ですが私はそんなことは完全無視し普通に酒を飲み肉等を食べ1日を過ごしてみました。すると何ともなく全く問題なかったのでございます。どの断食の書物を観ても至極危険!

断食に於いて復食が最も大事!と記してありました故私の真似をしない様にした方がいいかと存じます。

私はいつでも普通の食事に戻れるようにちょくちょく食物を胃腸に入れておこうと思ひました。

 

最近一ばん、うれしかった事は何かね。

「それは、」私は言下に答へた。

「断食中にビールをコツプ一ぱい飲んだ時です。大事に大事に少しづつ吸ひ込んで、途中でコツプを唇から離して一息つかうと思つたのですが、どうしてもコツプが唇から離れないのですね。どうしても離れないのです。」

 

全てを許せる

私は断食して精神面で至極れべるあっぷ致しました。そして多くの事を学びました。何と言っても全ての事柄を許せるようになりました。何があっても精神が一向に動じる気配はございません。

 

生きとし生けるモノは全て土へ還る。スベテヲユルソウ。

 

おいーっ!!

 

おまえ後半カタカナになってんぞ。おまえそのうちあぐらかいて浮かべるぞ。なんぞやり出すだろ!!

 

えぇ、生きてるだけで満足になってくる訳でございます。

教祖様にはなりたくはございません故、人の気持ちをより熟考し生きるという事即ち晴レルヤという訳でございます。

 

いい事が起こる様になった

私は毎日温泉に行っているのですが、断食開始後2週間が経とうとしている時でございました。朝の6時に温泉が開店すると同時に露天風呂に入る訳でございます。断食開始してから温泉でよく人に声をかけられるようになりました。

 

なかなかにレアだった事は神父様にお祈りされたことです。

やはり裸同士の付き合い故に心も裸というわけでございます。

世間話然り今まであった家庭の事情等々神父様にお話致しました。

そしたら木漏れ日輝く露天風呂に裸の男二人手を握り合いお祈りされた次第でございます。

 

アーメン

 

睡眠時間3時間

断食をし始めると自然と睡眠時間が短くなります。私の今の睡眠時間は3時間です。

 

午後10時に寝て午前1時に勝手に目が覚めてしまいます。

それでその日一日中全く眠くないのかと言うと全く眠くありません。

むしろ俄然絶好調でございます。

 

なぜこの様な事が起こるかといいますと、食物を食べることによって人間は胃腸等を用い消化吸収という作業を行います。その時のエネルギーはフルマラソン1回分程のエネルギー量に及ぶほど内臓を酷使する訳でございます。

 

よく言われているのは三食食べると9時間の睡眠。二食食べると6時間の睡眠。一食食べると3時間の睡眠。そして何も食べないと不眠不休で動けると言われています。つまり食事の回数を増やせば増やすほど睡眠時間が3時間ずつ伸びていくという訳でございます。

 

そして睡眠に関しても私は書物を読み漁り調べました。

人間にはレム睡眠とノンレム睡眠というサイクルがございます。これは皆さんそこそこご存知かと思われます。

 

それらは90分で1サイクルになっております。この90分毎にサイクルが繰り返されていく訳ではございますが、このサイクルが終わる頃に目を覚ますと二度寝することなくすっきりと目が覚めるのでございます。

 

私は考えたのですが従来の朝6時に目覚ましをセットするという様に時間で起きるというよりかは寝る時間にタイマーをかけて3時間後に目覚めるようにする或いは4時間半後また6時間後に目覚めるように90分毎にタイマーセットすると至極朝の目覚めが良いかと存じます。

 

糖を摂らない

断食について書物を読み漁っていると睡眠や栄養学にぶち当たります。果てはモンサントや、医療制度の闇、イルミナティ、フリーメイソン、ロックフェラー等にたどり着く次第でございます。

ここまでいくと最早ファンタジーでございます。興味があるようでしたら各自でお調べくださいませ。私はまだ殺害されたくはありません故悪しからず。

 

少しづつ食物を食べるようになってきたのですが、その食べる食物が至極重要になってくるわけでございます。

 

現代におけるあらゆる生活習慣病。癌や糖尿病、高血圧等々の病気は全て糖分の摂りすぎによるものが原因でございます。

というわけで私は現在糖分をとっておりません。炭水化物を全く食べていないというわけでございます。実はお茶碗一杯の白米を砂糖で換算すると砂糖の塊17個程に相当するらしいです。皆さん角砂糖17個一気に食べることはできますか?私は絶対やりたくありません。

 

白米の最も警戒すべきところはたくさん食べてもそれほど甘くないということです。ですので思う存分白米を食べることができますが、茶碗一杯あたり角砂糖17個程の糖が入っておりますので食後血糖値が至極高くなります。

 

そしてその血糖値を下げるために脳はインスリンという物質を分泌し血糖値を下げるわけでございます。血糖値が下がりすぎると今度は栄養欲しいとのふみそが命令するのでお腹が空いたというふうになる訳でござひます。

 

本来はまだ食物を食べなくてもいいのにまた食べてしまうということになってしまうのです。糖質制限には医療の中にも賛否両論ございます。糖質制限を真っ向から否定する医者等ございますがこれらに関してはこれだけで相当の記事数を書くことができますのでここでは割愛させていただきます。

 

もし興味がある方は糖質制限の書物等をご覧になってみれば現代の医療制度がいかに腐っているか知る事ができますので実に面白いです。

 

ケトン体半端ない

この糖質制限と同時によく聞く単語がケトン体という物質です。人間の脳みそはブドウ糖を栄養源として動いている訳でございます。学校の授業等で習ったかと存じます。

ですが、それらの栄養学や、カロリー理論等を完全にぶち壊してしまう理論が糖質制限やケトン体等の理論でございます。

 

糖質制限をするとブドウ糖が枯渇してしまうので脳みそが働かないからやばいんじゃないかとお思いでしょう。

 

私のようにセリヌンティウスを救う為に全裸体で走る羽目になります。

 

人間の体は至極良くできておりブドウ糖が枯渇したら代わりに脂肪を分解してできるケトン体という物質を栄養源として問題なく活動することができます。

そしてこのケトン体は脂肪分解してできるわけですので脂肪1キロ当たり約9000キロカロリー程のエネルギーが蓄えられているのでございます。

 

ブドウ糖はエネルギー効率性が非常に悪く18時間で体内から枯渇してしまいます。それに対しケトン体の場合は脂肪燃焼する事になります故、脂肪が身体にある限りエネルギーが枯渇する事はございません。

ケトン体体質になると何もしなくても健康的に痩せていきます。そして糖を摂取しないので血糖値が異常に上がることはないのでお腹が空いてイラつく等のことはありません。

 

一日一食で全く問題無く過ごす事が可能です。それに食事をした後に良く眠くなるのは血糖値の上昇と下降によるジェットコースターのような状態になる故に眠くなる訳でございます。それに血液が食物を消化する為に胃腸に多く分配されます故に脳の血液が足りなくなり眠くなるのです。

 

血糖値のジェットコースターはケトン体体質だと起きることがないので眠くなることもありません。

因みに糖を取らずお腹一杯に食事をしてもなぜか全く眠くなる事はないのです。

これは私自身で実験済みでございます。

 

ケトン体に関してはこれだけでも多数の記事を書くことができます故に、ここではざっくりとした説明しか致しません。ケトン体体質になるには炭水化物を取らずにタンパク質と脂質を主に摂取する事です。特に脂質は多めにとっておくといいと言われています。

 

詳しいことは書物等で調べて観てみると理解が深まるかと存じます。

 

また、私も断食や糖質制限の食事等をするにあたり、10冊以上もの書物で知識を得た故に安全にこなす事が可能でございましたが、あまり知識がない状態でこれらの事をやりますと至極危険でございます。

 

全裸になります。

 

なんねーよっ!!

 

断食や糖質制限生活をする場合は、各自の責任の下、知識を得てから実行する事をオススメ致します。

 

1日が長くなった

3時間の睡眠により1日21時間活動する事ができる様になりましたので至極多くの時間を活用する事が可能になりました。時間がなくてできないということは何もありません。

自分がやりたいと思ったことはなんでもすることが可能になりました。例えば私は趣味が沢山ございますが、今の所8年ほど長くやっている趣味は写真でございます。これを機に自称プロのフォトグラファーと名乗り出しました。

 

いや、えっそれ大丈夫!?

 

名乗る事はタダでございます。フォトグラファーとしての仕事は恐らく….来る事はないでしょう。

 

それダメじゃねーかっ!!

 

また語学を勉強する時間も取れますので現在英語を重点的にフランス語は忘れない程度に毎日勉強をしております。

またこのようなブログ等での執筆もしておりますので、これらはもう少し煮詰めて電子書籍で出版しようと思っております。

グラフィックやムービー等クリエイティビティな事を本格的に学ぶ時間ができたのでこれらの事もアクティブにやっております。

 

そして最近は DIY を始めました。 DIY については至極はまっており DIY をするにおける電動工具の扱い方から始まり、様々な方々のDIY手法、また世界の建築やデコラティブ等を参考に、自分でも微量ながら設計やDIYをしているとよだれが出るほど面白いのでございます。

読書に関しても多数の書物を読んでいたら自然と読むスピードが早くなり速読なるものもできるようになってしまいました。

 

もちろん本業である美容師に関しては更に奥深く自分なりの研究を重ねクオリティは断食以前よりも俄然上がったと自負しております。

 

なんでもかんでも自分自身が興味のあること面白いと思えることに対して学んだり実行したりする時間が十分にできたので人生がすごく豊かに楽しくなった次第でございます。

 

21時間動いています!

そのようなことから私は21時間まるまる活動しまくっております。そして21時間ずっと立ちっぱなしでございます。

なぜかと言いますと、座るという動作は体のあちこちに負担をかける様でございます。

 

ずっと座り続けていると体の様々な筋肉が弱くなっていきますので健康的にあまりよろしくはないのでございます。

 

逆にずっと立ちっぱなしだと それだけでなかなかのエネルギーを消費するかと存じます。

たまにずっと立ちっぱなしで腰や足が痛くなるかと思われますが、これは自論ですが完全な運動不足でございます。

私は現在全く足腰は痛くありません。

 

やる気が半端ない

最近の私のやる気は実に凄まじいの一言につきます。何をやっても全く疲れません。朝の調子でその日の走る距離を決めるのですが大体5〜10キロほど毎日走っております。それから一日中立ちっぱなしで様々なことを続けても体力が有り余っている次第でございます。

 

この状況に私自身驚きを隠せずにおります。

一番驚いている事は、全裸体にならずに済む然り血を吐かずに済んでいる事でございます。

 

うん、そうか。

 

完全に今の私は自分史上最も体力があると存じます。

様々なことにやる気を見出しているのでめんどくさいという気持ちが全く沸き起こりません。

 

まとめ

人間は生まれた環境や親、様々な人との関わり合いによって自己というモノを形成していくと存じます。

 

よく言われている事が断食をすると全く別人になる。

そのように言われております。断食をすることによって現代における様々な病気が治ったり精神病や癌等の病気も治ると言われております。これらは書物に書いていただけですので、私に信ぴょう性を問われても全く存じ上げません。

 

私自身もこのように断食や糖質制限のある生活を現在進行形で実行しておりますが、以前の自己とは俄然別人になったと至極噛み締めております。

 

これからのシャンデリラ。そして私[吹越 広彬]は益々皆さんが楽しい、面白いと思えるイノベーションをバンバン起こしてきたいと思います。

 

私をバカにしたい人は試しにバカにしてみてください。

 

えぇ、スベテヲユルシマショウ

 

気がついたらハリツケにされている事でしょう。

 

ご予約はこちらからお願いします。

ネット予約